唇も色素沈着してしまう?その原因と解消方法について

唇も色素沈着してしまう?その原因と解消方法について

唇が色素沈着になってしまっていて、シミや黒ずみになってしまっている場合、どうやって改善していけば良いのでしょうか?これは肌の色素沈着を改善していく方法と同じように、ターンオーバーを促進させるようにしていく必要があります。肌の細胞を新しいものと入れ替えていく仕組みのことをターンオーバーといいます。

 

しっかりターンオーバーを行わせることによって、古い細胞とともにメラニン色素も排出されていくことになりますので、本来であれば時期にシミ等のような色素沈着も解消されていくものなのです。

 

ですが、ターンオーバーが乱れてしまっていたり、紫外線対策をしなかった場合、なかなか色素沈着が解消されなくなってしまうケースもあります。それに、ターンオーバーというのは、それなりに時間が必要になっていますから、ただちにシミ等のような色素沈着を改善させていくことができるというわけではないのです。

 

唇の色素沈着ができてしまっているのであれば、色素沈着がこれ以上起きないように予防をしたり、ターンオーバーを向上させていくように対策をしていきましょう。唇のターンオーバーを促進させるためには、食生活や生活習慣を見直していく必要があります。また、しっかり唇を保湿することも忘れてはいけません。唇も何もしていなかったら乾燥してしまいやすいですので、しっかり普段から保湿をしていくことが大切なのです。

 

唇というのは、肌とは違ってバリア機能を持ち合わせていません。ですので、肌以上に刺激に対して耐性を持っていませんので、唇の状態を守るためにも、しっかり保湿をして水分が失われないようにしていくことが大切なのです。保湿を怠って唇が乾燥してしまっている状態が続いてしまうと、肌の色素沈着が逆にどんどん悪化してしまう危険性もあります。

 

ですから、季節に関係なく毎日何回かはリップクリームなどを使って保湿をする習慣をつけるようにしておきましょう。