睡眠と色素沈着の関連性について

睡眠と色素沈着の関連性について

起床時間や就寝時間がその日によって違ってしまっていると自律神経も正常に認識をしなくなってしまいます。いつもの生活習慣を認識して、成長ホルモンの分泌を促しているのに、その日によって生活リズムが違っているのであれば、どのタイミングで成長ホルモンを促していけば良いのかを判断することができなくなってしまいます。ですので、日中に猛烈な睡魔に襲われてしまったりすることもあるのです。

 

睡眠中に自律神経を切り替える必要があるのに、不規則な生活をしていると夜に切り替わらずに、起きている時に切り替わってしまったりします。逆を言えば、自律神経がまだ起きている時間帯だと認識をしてしまっているのであれば、寝ようとしても寝ることができません。寝ることができたとしても、自律神経は寝ている状態にはなっていませんので、熟睡をすることもできなくなってしまいますし、成長ホルモンも十分に分泌されなくなってしまいます。

 

ですので、就寝時間と起床時間はなるべく統一させるようにして、自律神経の生活リズムを正すようにしていかなくてはなりません。そうすれば、自律神経も寝る時間帯になると、そろそろ寝る時間だと認識をするようになり、ターンオーバーの乱れを治しやすくすることが可能になるのです。

 

一連の流れをまとめてみると次のようになります。

 

ターンオーバーをしていきたいのであれば、成長ホルモンが必要不可欠な存在になります。ただし、自律神経が寝ていると認識をしなくては成長ホルモンの分泌をすることはできません。自律神経はこれまでの生活リズムを元に切り替えをしていますので、生活リズムは一定に整えるようにすることが大切です。このようにして、ターンオーバーを正常にしていくことができるようになれば、ニキビ跡の色素沈着も排出しやすくすることができるようになります。