肌の乾燥で肌が痒くなると黒ずみになりやすい

肌の乾燥で肌が痒くなると黒ずみになりやすい

乾皮症になってしまった場合の対策として、皮膚科保湿剤を処方してもらうという方法があります。その保湿剤として、亜鉛華軟膏やジメチルイソプロピルアズレン含有軟膏、尿素製剤、白色ワセリンなどといった外用薬があります。その人の肌に質や症状に合わせて処方してもらうことができるようになっていますから、効率よく治療をしていくことも可能になります。

 

相当乾燥してしまっている場合、ステロイド薬が処方されるケースもあります。相当な痒さになってしまっているケースの場合、先にステロイドで炎症を抑制して保湿をしつつ治療を行っていくことになります。

 

すでに柑皮症になってしまって色素沈着によって黒ずみが発生してしまっているのであれば、その人の症状などにあわせて保湿クリームを処方されることになります。そして、肌から乾燥を守りつつ少しずつ症状を改善していくのです。

 

体の中でも顔というのは再生するまでに時間がかかってしまいます。ですので、他の部位と比べると症状の改善に時間がかかってしまうということは理解しておいてください。

 

黒ずみだけなのであれば、美白成分であるハイドロキノンなどを使ってターンオーバーを促すという方法もあるのですが、乾燥によって敏感になってしまっている状態だと逆効果になってしまうこともあります。ですので、先に保湿剤でしっかり患部を保湿するようにして、先に炎症を改善していくことを優先させるようにしてください。