摩擦や炎症で発生する色素沈着について

摩擦や炎症で発生する色素沈着について

女性で色素沈着になってしまう人もいるのですが、この色素沈着の種類というのは幾つかに分かれています。特に多いのは、ニキビ跡にできる色素沈着ではないでしょうか?

 

ニキビ跡にできてしまう色素沈着でも、茶色になっているものもあれば、紫に変色するものもあります。どの種類の色素沈着になっているのかによって、色素沈着してしまっている箇所の色や治療法も違っているのです。色素沈着の色が紫なのであれば、ニキビが赤く炎症になってしまった跡に、さらに炎症になってしまったり腫れてしまって生じてしまうということが多いです。そして、指などで少し強めに押した場合、少し痛いケースも少なくありません。

 

この紫というのは、炎症によって細胞にダメージを与えてしまい、内出血になってしまっているためです。ニキビが発生した際に、周りの肌細胞も傷ついてしまって、内出血してしまったかのような色になってしまうこともあります。肌にかなりの負担がかかってしまっている状態になっていますから、少しでも負担を軽減させるためにも、肌のバリア機能を向上させるようにしていかなくてはなりません。

 

ですので、触って刺激を与えないようにしたり、紫外線を可能なかぎり浴びないようにするなどといった対策をすることも大切です。そして、毎日正しい方法でスキンケアをしていくようにして、肌環境を整えるようにしていきましょう。

 

この紫の色素沈着をそのままにしておくと、茶色の色素沈着になっていきます。バリア機能が弱くなってしまっている状態でメラニン色素が大量に作られると、色素沈着になってしまって、茶色のシミになってしまうのです。メラニンが大量に作られないようにするために、バリア機能の向上をしたり、ターンオーバーを活発に行わせるようにしましょう。

 

茶色の色素沈着というのは、すぐに解消させることができないですので、長い目でケアをしていくようにしてください。どうしてもすぐにでも解消したいと考えているのであれば、レーザー治療などのような選択肢もあります。

 

関節部分である膝や肘というのは、他の部分と比べると角質部分が厚めになっています。厚めの角質層になっている箇所というのは、他の箇所と比べて色素沈着になりやすいとされています。肌が厚くなっているということは、それだけターンオーバーが行われにくということになりますので、メラニン色素を排出しにくくなってしまうのです。また、摩擦しやすい箇所になっていますから、メラニン色素も生成されやすいというのも理由の一つになっています。

 

ですので、膝や肘が色素沈着になってしまっているのであれば、黒ずみ対策効果がある化粧品などでケアをしていくようにしましょう。