白砂糖や甘い食べ物を過剰摂取するとシミが悪化する?

白砂糖や甘い食べ物を過剰摂取するとシミが悪化する?

シミやくすみのない肌を維持したいのでしたら日頃から食生活を意識することが大事になります。特に砂糖がふんだんに使われている甘いものなどを食べていると肌老化に繋がってしまいます。

 

白砂糖は色々なものに使用されている甘味料になりますが、この白砂糖の主成分というのはしょ糖というもので、これはブドウ糖と果糖が結合した二糖類の構造で作られています。日本人の一般的な食生活では無意識の内に毎日摂取しているものになります。

 

甘い食べ物ばかり食べてしまって、このしょ糖を多く摂取すると悪玉菌のえさになり有害菌が極端に増殖します。それによって白血球が働いて活性酸素が発生して細菌の増殖を抑えます。この活性酸素が発生することによって不飽和脂肪酸が参加されて代謝過程でリポフスチンという不溶性色素が形成さることでシミや黒ずみの原因になってしまいます。

 

このリポフスチンが形成されるメカニズムに関してですが、まず砂糖が多く含まれる食べ物を過剰摂取することで大腸菌やブドウ球菌のような細菌が増殖し、有害菌の増殖を抑えるために活性酸素を発生させて悪玉菌の発生を抑えます。その影響でリポフスチンが形成されてシミやくすみが引き起こされるということになります。さらにシミやくすみだけではなく、シワやたるみといった肌老化現象も進行してしまいます。

 

つまり食生活をしっかりと考えないとシミが悪化する可能性があるということを覚えておきましょう。

 

いまあるシミにはこれ シミ消すエステの比較サイト